お知らせ

2024年1月9日 義援金・寄付金の拠出について

  • 当社は、日本赤十字社が募集する「令和6年能登半島地震災害義援金」に拠出いたしました。 この度の地震により被災された方々に対し、心よりお見舞い申し上げますとともに、 被災地における一日も早い復興を心より祈念いたします。 。
  • また、 昨年11月には、SoftBankの「つながる募金」を通じて、横浜市社会福祉協議会様へ金一封をご寄付させていただきました。
  • 当社は微力ながら、これからも社会貢献活動に取り組んでまいりたいと考えています。

2023年11月1日 公共調達参加資格申請の状況(国及び東京・神奈川)

本日時点で当社が国及び東京都・神奈川県内で公共調達の参加申請を行い登録された資格は以下の通りです。

  • 全省庁統一資格(国)  調査・研究
  • 東京都  市場・補償鑑定関係調査業務
  • 神奈川県  調査業務
  • 横浜市  各種調査企画
  • 川崎市  調査・測定
  • 東京自治体共同運営(区市町村及び一部事務組合)市場・補償鑑定関係調査業務

2023年3月10日 第3期通期事業活動報告

  • 第3期は、水素・カーボンリサイクル、再エネ、電力システム等の、グローバルに取り組むべき課題への解決方策を中心とした調査研究案件を受託することができました。皆様のご厚意にありがたく御礼を申し上げます。
  • また、 今年も福祉基金への寄附を行うなど、微力ながらも社会貢献活動に寄与することができました。
  • 世界は変化が常態化するニューノーマルと呼ばれる時代となり、あらゆる課題に対して迅速に、かつ的確に対応できるコンサルタントの要望はますます高くなるものと考えられます。当社はこうした社会の要請に貢献できるよう、引き続き一層の努力をしてまいる所存です。引き続きサーキュラスをどうぞよろしくお願いいたします。

2022年12月12日 適格請求書発行事業者への登録について

  • 当社は、インボイス制度に基づく適格請求書発行事業者の登録を受けましたので報告いたします。
  • 令和5年10月より開始するインボイス制度に則って、適切に対応して参ります。

2022年10月10日 地方公共団体への寄附について

  • 当社は、佐賀市様の「持続可能な脱炭素・資源循環のまちづくりプロジェクト」に金一封を寄附いたしました。
  • 佐賀市様は、清掃工場の排ガスから高濃度の二酸化炭素を分離回収し、施設周辺の藻類培養工場等の農業施設へ供給する先進的なサーキュラエコノミーの実現に向けた取り組みを実践されております。当社は、これまでに現地視察等を通じて、多くの貴重なご知見や産業振興にかける熱い思いを学ばせていただきました。
  • なお、この寄附は、まち・ひと・しごと創生寄附活用事業によって、当社が納税する法人税等から一定の控除が受けられるものでございます。

2022年5月16日 地方公共団体が策定する再エネ導入戦略の受託について

  • 当社は、この度、地方公共団体が策定する再生可能エネルギー導入戦略策定業務について、公募型プロポーザルにおいて特定されご契約をいただきました。
  • この業務は、2050年二酸化炭素排出実質ゼロを表明した自治体様において、環境省の補助により、再生可能エネルギーの導入拡大に向けたロードマップと再エネの地域内への還元方策を立案するものです。
  • サーキュラーエコノミーの実現に向けては、先進企業等が開発した関連技術を地域で実装していくことが求められます。当社は、これまでに得た知見を最大限活用し、新しい時代の担い手となる地域の皆様と共に着実な取組みを推進して参ります。

2022年3月31日 第2期通期事業活動報告

  • 2021年度下期の受託案件とあわせて、全案件を納期までに完納することができました。
  • 当社はおかげさまで、順調に3期目を迎えることができます。改めて皆様のご厚情に、ありがたく感謝と御礼を申し上げます。
  • サーキュラーエコノミーの実現に向けた社会の要請はますます高くなっております。微力ながら弊社がこれに貢献できるよう、一層の努力をしてまいる所存です。

2022年3月4日 ウクライナ人道危機救援金への募金について

  • 当社はこの度、日本赤十字社が募集する「ウクライナ人道危機救援金」に金一封を募金いたしました。
  • この救援金は、赤十字国際委員会等が実施するウクライナでの人道危機対応及びウクライナからの避難民の救援活動を支援するために使用されるものです。

2021年12月19日 寄付について

  • 当社はこの度、社会福祉法人中央共同募金会の「赤い羽根福祉基金」に金一封をご寄付いたしました。
  • これからも社会貢献活動に取り組んでまいりたいと考えています。

2021年9月30日 第2期上期事業活動報告  

  • 2021年度上期におきましては、木質バイオマス、水素・カーボンリサイクル、資源循環、差別化された技術をもつベンチャー企業様の新商品戦略とともに、グリーン水素サプライチェーンに関する国プロ案件(外注として)を受託させていただくことができました。ご信頼を賜り厚く御礼を申し上げます。
  • コロナワクチンの接種が進み、通常の経済が早く再開することを祈りつつも、コロナ後の新しい価値観による社会の在り方に適応できるよう、日々新しいことにチャレンジし、それによって自己を改革したいと考えております。
  • 今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2021年3月31日 第1期通期事業活動報告

  • 2020年度下期におきましては、バイオマス、地域新電力、ベンチャーものづくり企業様の新商品戦略等の業務を受託できました。ご用命を賜り厚く御礼を申し上げます。おかげさまで、上期受託の案件とあわせて全案件を完了することができました。
  • 年末には、政府の脱炭素に伴うグリーン成長戦略が示されるなど、アフターコロナに向けたグリーンリカバリーが社会の潮流となり、当社が貢献できる機会は益々増えていくものと期待しております。そのためには、更なる能力の向上や体制整備に取り組んでいく必要があると認識しており、着実に対処して参りたいと考えております。
  • 今後とも、引き続きご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

2020年9月30日 第1期上期事業活動報告

  • 設立初年度となる当期は、コロナ禍による世界的な経済停滞とともに始まりました。当社の業績への影響が懸念されましたが、これまでに、複数の調査研究並びに評価分析の業務を受託することができました。案件分野は、カーボンリサイクル(水素)、木質バイオマス、地域新電力、廃棄物エネルギー、電力システム改革などで、いずれもこれまでお取引様等と共に取り組んで参りましたテーマでございます。
  • クライアントは民間企業様及び民間団体様等でございます。設立したばかりの当社をご信頼いただいて重要な業務をお任せくださったことに、改めて厚く感謝と御礼を申し上げます。
  • 当社は、社会性の高いテーマで「サーキュラーエコノミー・脱炭素社会の構築」に貢献することを目指す会社です。社会に生かされる企業として、可能な限り企業活動のディスクローズに努めてまいる所存です。今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

2020年4月1日 株式会社サーキュラスを設立しました。